バスケットボール・ドリブル上達革命

バスケドリブルで1対1でも抜き、DFのプレッシャーにも動じない、バスケットボール・ドリブル上達革命【元JBLプレーヤー堀 英樹 指導】を紹介しています。
<< バスケドリブルが上手くなるとパスミスしなくなる! | main | バスケでドリブルしながら移動できない時は >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | ↑TOP
    バスケドリブルで相手ディフェンスから抜けない時は
    0

      DFから抜け切れない




      練習中でも試合本番でも、
      ドリブルをしながら相手ディフェンスを
      抜くことができないでいませんか?

      いつも止められてばかりで、
      悔しい想いをしますよね。


      沢山の選手に囲まれた時はもちろん、
      1or1でさえボールを取られる。

      一体ナゼ、アナタはディフェンスから
      抜けないのでしょうか?


      ちょっと、想像してみてください。

      逆に考えてみるのです。


      ドリブルでボールを取られるということは
      相手ディフェンスにとっては、
      取りやすい状況なのですよね。

      ナゼ、相手にとって取りやすいのか。



      取られやすい条件




      余所見してるから

      ・自分の動きが遅いから

      ・高い姿勢でするから



      ドリブルをしている最中にボールを
      取られるのには必ず理由があります。

      まず、ディフェンスが目の前にいるのに
      余所見をすれば取られるのは当然です。


      アナタの動きが遅いのも致命傷です。

      ボールを弾ませる速度も遅いと
      相手を抜くことはできません。


      そして、意外と意識してないモノが、

      姿勢が高い

      ということです。


      意味、わかります?

      姿勢が高いということは、
      背筋を真っすぐにして立つ、
      そんな体勢でいる状態なのです。



      そんな姿勢でドリブルをすれば、
      相手にとってボールが取りやすくなります。

      だから、1or1の状況で
      抜くことができないのです。


      では、どうすれば良いのか。

      それは・・・


      低いドリブル


      つまり、低い姿勢でドリブルをします。

      低い姿勢でしたら、相手にとっても、
      ボールが取りにくいと思いませんか?


      そんな、低いドリブルで
      相手ディフェンスを一気に抜ききる、
      目から鱗の練習法があるのです。



      それには、スライドステップでの
      スラロームトレーニングを行います。

      身体バランスをしっかり維持して、
      上下動を大きくしながらも、
      低いドリブルを打つこのトレーニングは
      とても効果的です。


      そんな、低いドリブルが身に付く、
      ディフェンスを抜くトレーニングとは?



      バスケドリブルが上手くなりたい
      (当ブログのトップへ)


      バスケドリブル




      関連記事:
      バスケドリブルが上手くなるとパスミスしなくなる!


      | ドリブルとディフェンス | 14:53 | - | - | ↑TOP
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:53 | - | - | ↑TOP